教育ローンとして使えるキャッシングの一覧

教育ローンとして使えるキャッシングの一覧

教育ローンとして使えるキャッシングの一覧

教育ローンとして使えるキャッシングにも色々あります。

 

 

審査の甘いキャッシングもあれば、審査の厳しいキャッシングもあります。

 

 

また金利の安いキャッシングもあれば、金利の高いキャッシングもあります。

 

 

更に限度額の多いキャッシングもあれば、限度額が少ないキャッシングもあります。

 

 

 

借りる人のそれぞれの年収や属性によって利用できるキャッシングも異なっていきます。

 

自分の属性で借りれる範囲でもっとも金利などの貸付条件がお得なキャッシングを選ぶことはいうまでもありません。

 

 

では実際に、教育ローンとして使えるキャッシングはどんな融資先があるか。

 

取り上げて一覧化してみます

 

 

 

【教育ローンとして使えるキャッシングの一覧】

 

 

1)銀行カードローン

 

教育ローンの代用としては一番おススメのキャッシング手段です。

 

なぜならキャッシングの中では金利が一番安いからです。

 

また、総量規制対象外なので年収の3分の1を超える融資も可能です

 

 

2)信販カードローン

 

銀行カードローンの次にお勧めといえます。

 

低金利、大口融資、カードが使える利便性など、キャッシングの貸付条件のバランスがよく借り手にとってはお得で便利です。

 

 

 

3)消費者金融

 

消費者金融は大手から中堅、中小、街金など業者規模によっても幅広くありピンキリです。

 

当然ですが、教育ローンとして使う場合消費者金融で一番おススメなのは大手です。

 

銀行カードローンや信販カードローン並に金利も安く、限度額も大口です。

 

中堅〜中小・・・と規模が小さくなるにつれて貸付条件や利便性が悪くなってきます。

 

ただ審査は甘いです。

 

 

4)クレジットカードのキャッシング枠

 

いわゆるクレジットカードのキャッシング枠のサービスです。

 

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠があれば、そのキャッシング限度額の範囲で借入利用が可能です。

 

また、手持ちのクレジットカードに現在キャッシング枠が無い場合はクレジットカード会社にキャッシング枠の追加を申し込みできます(要審査)

 

金利や貸付条件はそれほど良くありません。

 

中堅〜中小の消費者金融並みの金利と貸付条件です(金利15%〜18%くらい)

 

 

限度額も借りる人の属性にもよりますがそれほど多く借りれるわけではありません。

 

 

キャッシング枠の審査基準は各クレジットカード会社によって異なります。

 

審査の甘いクレジットカード会社もあれば、審査の厳しいクレジットカード会社もあります。

 

 

 

・・・・・・以上、1〜4までのキャッシングをご紹介しました。

 

もし教育ローンの審査が通らない場合は1〜4のキャッシング手段を使って教育資金を用立てすることも可能です。


ホーム RSS購読 サイトマップ