教育ローンとして借りれるキャッシング

教育ローンとして借りれるキャッシング

教育ローンとしてキャッシングは使えるか?

教育ローンは親にとって身近なものです。

 

 

一般のサラリーマン家庭では自分の息子さんや娘さんの教育費はローンで賄うケースが多いです。

 

 

 

やはり塾費や予備校費、学費、仕送り費などバカになりませんからね。

 

 

 

一般的に教育ローンで借りる場合は銀行などの教育ローンを使う事が多いです。

 

あと大手の信販会社などでも教育ローンを扱っております。

 

 

 

当然ですが金利が安ければ安いほど良い事はいうまでもありません。

 

 

 

しかし教育ローンも全て万人の方が利用できるとは限りません。

 

中には審査に落ちてしまい教育ローンで借りれない人もおります。

 

 

教育ローンの審査が通らず利用できないと大変ですよね?

 

審査が通る、通らないは関係なく教育費は必ずかかりますから・・・。

 

 

 

そんな時は別の融資先を模索する必要があります。

 

 

 

教育ローンの審査が通らなかった場合の代替案としてオススメなのがキャッシングです。

 

 

 

「え〜〜!キャッシングかぁ、、、利息が高いよ」・・・そう思う人もいる事でしょう。

 

 

 

確かにキャッシングの金利は一般の教育ローンに比べるとかなり割高です。

 

金利が10%以上は確実にかかります。

 

 

 

ただ「金利が高いということは、イコール=審査が甘い」を意味します。

 

ローンの世界は金利の高低と審査の難易度は比例します。

 

 

 

「審査が厳しければ厳しいほど低金利になり、審査が甘ければ甘いほど金利が高くなる」・・・・そういう世界でもあります。

 

 

『どうしても教育費用が必要なんだ!』・・・・・そう切実な事情がある方は背に腹は代えられません。

 

 

 

子供の教育費は自己投資でもあります。

 

 

 

『子供が学べる時にやはり学ばしてあげたい!』・・・・という親心をもって資金を工面すべきでしょう。

 

後で後悔しないように・・・

 

 

 

「どうしても今すぐ、教育資金が必要だ」・・・・という人は、簡易審査でスピード融資かつ柔軟な審査をしてくれるキャッシングに頼ることも必要でしょう。

 

多少金利が高くてもとりあえずキャッシングで現金を調達しておく。

 

そして、そのキャッシングで借りたお金でもって教育資金を賄う。

 

 

 

そういう使い方もアリかと思います。

 

困った時にすぐに現金が調達できるのがキャッシングの利点です。

 

 

 

あと、いくらキャッシングの金利が高いとはいえ昔に比べたら最近は随分と安くなりました。

 

確かに初回の借入金利は上限金利の10%〜15%と高いですが、利用実績を重ねていくと金利も安くなっていきます。

 

 

 

またキャッシングは返済もカードを使って自由に出来ます。

 

ボーナスなどまとまったお金が出来た時に、一気にまとめて支払いできるという利点もあります。

 

 

使い道が自由で返済も自由で、また別の案件で現金が必要になった時にキャッシングカードの限度額さえ残っていればいつでも限度額の範囲でお金が借りれます。

 

カード持ってコンビニのATMに走りこめばOKですからね!

 

限度額の範囲で使う分には追加審査もいりません。

 

 

 

そう言った利便性もキャッシングにはあるので、1枚キャッシングカードを持っておくといざと言う時に頼りになります。

教育ローンとして借りれるキャッシング記事一覧

教育ローンとして使えるキャッシングの一覧

教育ローンとして使えるキャッシングにも色々あります。審査の甘いキャッシングもあれば、審査の厳しいキャッシングもあります。また金利の安いキャッシングもあれば、金利の高いキャッシングもあります。更に限度額の多いキャッシングもあれば、限度額が少ないキャッシングもあります。借りる人のそれぞれの年収や属性によ...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ